トリガーポイントが起こす腰痛・ぎっくり腰の例

国民生活基礎調査によると、身体で困っている症状の第1位は腰痛で国民の約10%の方が困っていると回答しています。

腰痛というと腰や臀部(お尻)、そして背中で痛みを感じますが、この腰背部痛の多くは「関連痛」であることが多く、痛みを感じている所には原因がない事が多いです。腰痛がなかなか治らなくて困っている方が多いのは、この関連痛への対処がなされていない可能性があります。

下図は、お腹側の筋で身体を前に倒したり、脚を引き上げる時に働く「腸腰筋」です。トリガーポイントがおへその横の×付近に生じた場合、痛みは背骨に沿って(一番左の図の赤い部分)で感じます。

ねこひげ整体院による腰痛・ぎっくり腰について、腸腰筋の説明

【イラスト図出典:『Myofascial pain and Dysfunction The Trigger Point Manual』 より引用 】

次の図はこれもお腹側の筋で「腹直筋」です。この筋の上部(胃の辺り)にトリガーポイントが生じると、肩甲骨の下部の背部痛を起こし(下図矢印1)、下腹部にトリガーポイントが生じると骨盤の縁に沿った痛みを起こします。(下図矢印2)

 

ねこひげ整体院による腰痛・ぎっくり腰について、腹直筋の説明

【イラスト図出典:『Myofascial pain and Dysfunction The Trigger Point Manual』 より引用 】

このように、腰痛だからといって腰の筋に原因がない場合が多く、腰部以外の筋もチェックして原因となっているトリガーポイントを見つけ、それを弛めることが痛みの緩和に繋がります。特に腹部の筋のトリガーポイントを弛めることはとても大切です。

また、腰痛の慢性化に影響するのが太もも裏側の「ハムストリング筋」です。この強力な筋は下図の中央のように骨盤の坐骨に付いているので、この筋が緊張し短縮すると、骨盤の後面を引き下げることになり、腰や背部の筋に強い影響を与えます。

ねこひげ整体院による腰痛やぎっくり腰について、ハムストリングの説明

【イラスト図出典:『Myofascial pain and Dysfunction The Trigger Point Manual』 より引用 】