トリガーポイントが起こす坐骨神経痛の例

一般的に「坐骨神経痛」といわれる、お尻から足にかけて痛みやしびれ感が出る症状。これらの症状もトリガーポイントによる「関連痛」が原因で起こります。その場合、筋のトラブルを解消することで痛みやしびれ感を短期間で軽減することができます。

この坐骨神経痛といわれるような症状の場合は、腰痛に関わる筋の処理の他に臀部の筋のチェックと処理を行います。

それは、「大殿筋」「中殿筋」「小殿筋」です。

主にお尻で痛みがあり、じっと座っていられないような症状の場合は「大殿筋」に原因がある可能性があります。

ねこひげ整体院による坐骨神経痛について、大殿筋の説明

【イラスト図出典:『Myofascial pain and Dysfunction The Trigger Point Manual』 より引用 】

主に仙骨の周囲を中心にお尻から太ももの外側面に痛みを感じる場合は「中殿筋」のチェックと処理を行います。

ねこひげ整体院による坐骨神経痛について、中殿筋の説明

【イラスト図出典:『Myofascial pain and Dysfunction The Trigger Point Manual』 より引用 】

太ももの外側面や後面、そしてふくらはぎから足首まで痛みやしびれ感が広がっているような場合は「小殿筋」のチェックと処理を行います。慢性腰痛に関わる筋と小殿筋の処理を行うと歩けないようなつらい症状が短期間で改善します。

ねこひげ整体院による坐骨神経痛について、小殿筋の説明

【イラスト図出典:『Myofascial pain and Dysfunction The Trigger Point Manual』 より引用 】

 

また、ハムストリング筋や梨状筋のトリガーポイントも影響することがあります。

 

(ハムストリング筋のトリガーポイント)

ねこひげ整体院による坐骨神経痛について、ハムストリング筋の説明

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【イラスト図出典:『Myofascial pain and Dysfunction The Trigger Point Manual』 より引用 】

(梨状筋のトリガーポイント)

ねこひげ整体院による坐骨神経痛について、梨状筋の説明

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【イラスト図出典:『Myofascial pain and Dysfunction The Trigger Point Manual』 より引用 】