改善例:体が❝くの字❞に曲がったぎっくり腰

腰痛・ぎっくり腰

30代 男性

腰に違和感を感じたまま仕事をしていたところ、段々と痛みが強くなりついには体がくの字に曲がったまま伸ばせない状態になってしまい、ご来院されました。

 

身体を起こしたり伸ばしたりがツラそうなので早速イスに座って頂き、そのまま施術へ。

 

この場合、お腹の奥の筋肉(腸腰筋)が固くなって前側に引っ張られているために体が起こせなくなっていることが多いです。

 

まずは少し前かがみになって頂いた状態でお腹を十分に弛めます。

世間話などをしながら今度は背中側にある体を支える筋肉(腰方形筋)を弛めます。

 

ある程度弛んだところで座ったまま体を起こしてもらうと問題なく起こせます。

そのままゆっくり立って頂いて体を起こしてもらうと、少し違和感はあるけど起こせますとのこと。

 

もう一度座って頂いて、お尻の筋肉や骨盤周りを弛めて再度立って確認して頂くと、まっすぐどころか後ろにそれる様になりました。

 

体がくの字に曲がった姿を同僚に笑われてしまったそうですが、これでひとまず安心です。

 

院長よりひとこと

ぎっくり腰の施術ですが、意外と重力が縦にかかった状態で行うほうが効果が高く、体の負担も少ないので最近は座った状態で行うことが多いです。

座ったままでも体に変化がでて十分楽になりますよ♪

また、何度かホームページなどでもいっていますが、腰が痛い場合に腰だけに原因があることはほとんどありません。どこから来ているか原因を見極めることが大事です。

ぎっくり腰でお困りの際は、是非ねこひげ整体院にご連絡下さい。