改善例:腰から足が痛くて長く歩けない方

坐骨神経痛

60代 女性

初回

始めはぎっくり腰のような痛みだったのが、段々左側のお尻から足の方まで痛くなり

歩くのがとてもツラいとのことで初回はタクシーでご来院されました。

 

いわゆる坐骨神経痛といわれる症状。

 

動きの検査をすると、体を左に傾けるとお尻から足まで痛みあり。

圧痛を確認するとお尻周りと太ももの裏に強い圧痛がありました。

 

お尻の筋肉や太ももの筋肉にトリガーポイントができると、

このように腰から足にかけた痛みやシビレを起こすことがあります。

 

まずは、体の深部のラインを調整して問題がありそうな

体の外側を通るライン、後ろを通るラインを整えました。

 

痛い所を局所で施術するのではなく、筋膜の繋がりを利用して

ラインで施術することで早くしかも全体的に弛ませることができます。

 

一通り調整した後、立って左に体を傾けて頂くとほとんど痛みがないとのこと。

 

一旦お帰り頂いて、次回までの様子を教えて頂くようお願いして終了。

 

二回目

この日は自分で車を運転して来院。

 

前回痛みが取れたので歩いて帰ってみた所、途中で痛くなったとのことでした。

体を起こして歩くと楽、ということに気づいてちょっと後ろに反るような姿勢で

歩いたら大丈夫だったそうです。

 

ここでかなりのヒントを頂きました。

 

体を起こすときに使う筋肉と言えば腸腰筋。

ここを調整して、お尻周りの圧痛とふくらはぎの調整をして痛みの確認をします。

 

体を左に傾けても少し歩いてみても痛みはありません。

 

痛みがないからといっていきなり無理はしないようにお願いして

また次回までの様子を教えて頂くようお伝えして終了。

 

三回目

なんとすっかり痛みが良くなったので、お孫さんと一緒に歩いてこられました。

動きの検査でも、圧痛の確認でも痛みがないので、

この日は全身を調整して終了しました。

 

お孫さんも猫が好きとのことで、待っている間

うちのスタッフ(猫)のちゃちゃと遊んで喜んでくれていました。

 

院長からひとこと

生活する上で、歩けないのは本当にツラいですよね。

良くなって本当に良かったです。

坐骨神経痛の症状でお悩みの方、かなり多いです。

あきらめないで、是非当院にご相談ください。