「すぐに役立つ!肩こり・腰痛講座」を開催します

島原市で行われる腰痛・肩こり講座です

すぐに役立つ!肩こり・腰痛講座

厚生労働省の国民生活基礎調査によると、ケガや病気など自覚がある方の症状として「腰痛」「肩こり」が長年にわたって1位、2位を占めているそうです。

国民の痛み調査

また、痛みに関する大規模な調査で、慢性疼痛で困っている方は、約2500万人もおられると推定されています。

医学が進歩している中、なぜ、痛みで困っておられる方が一向に減らないのでしょうか?

腰痛は男性に多く日常生活や仕事にも影響し、人生に深刻なダメージを与えます。

肩こりは女性に多く、頭痛や吐き気、気分の落ち込みなどをまねき、生活の質が低下します。

当講座では「腰痛や肩こり」の原因とその改善法についてお伝え致します。

腰痛・肩こり・関節痛で困っておられる方、そのご家族の方に是非とも聴いて頂きたい講座です。

講座内容

1)痛みの常識クイズ

  • 腰痛のない人を画像検査した場合、 ヘルニアは何%見つかるでしょうか?
  • 腰痛は歳のせいで、加齢と共に増える。つまり老化現象だ。
  • ヘルニアで手術しかないと診断され、手術を受けなかった場合、5年後に何%の人が改善しているでしょうか?
  • 腰痛でX線、MRIの検査を行い、 症状と画像検査の結果が一致するのは何%しょうか?
  • 痛みは肉体労働をする人ほど多い。つまり「職業病」だ。
  • 膝の痛みの原因として、「軟骨のすり減り」が挙げられますが、「軟骨のすり減り」は加齢や使いすぎで生じる。
  • 痛みがあるときは、 ①「動いた方がよい」 ②「安静にした方がよい」

etc

2)痛みの原因は何か

  • 筋筋膜性疼痛症候群とトリガーポイント
  • 痛みが治り難い要因から治して行く
  • 痛みの原因をみつけるポイント、治し方

 

3)よくある質問

  • レントゲンやMRIでは異常がないのに強い痛みがあるのはなぜ?
  • 椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症で手術を勧められているが、手術以外で改善する方法はないのだろうか?
  • 長年腰痛で悩んで来たので、セルフで予防・軽減する方法が知りたい

 

開催日時

2018年4月19日(木)19時〜21時

 

場所

会場:白山公民館

住所:島原市西八幡町7657番地

参加費

500円 ※お茶付き

 

興味がある方、参加希望の方は当院までお気軽にお問合せください。