ねこひげ式ぎっくり腰完全対策「予防編」

島原半島から腰痛をなくしたい!

 

そんな永年キャンペーン実施中のねこひげ整体院ですが、

その一環としてまずなくしたいもの。

 

それが「ぎっくり腰」です。

 

そう!なったことがある方はわかると思いますが、あの強烈な痛み。

動けないし、起きれないし、寝れないし。

 

いったい何重苦なんだというくらいツラく厳しいですよね。

あの痛みをもう二度と味わいたくないと思いませんか?

 

そしてぎっくり腰になったことない方。

あの痛みは味わわなくていい痛みです。

普段から予防して一生経験せずに過ごしましょう!

 

という訳で、今回はねこひげ式ぎっくり腰予防法をお伝えします。

なぜぎっくり腰になるの?ぎっくり腰の原因とは

ぎっくり腰ってどこに原因があると思いますか?

 

まああれだけ腰が痛いので、普通は腰に原因があると思いますよね。

恐らく病院にいっても腰のレントゲンをとって腰の状態を確認します。

 

それで異常がなければ、痛み止めを飲んだり、腰に湿布を貼って様子見といった流れが多いのではないでしょうか。

それで歩けるようになればまだいいですが、中々動けないですよね。

 

もし原因が腰にないとしたらどうでしょう。

いくら腰を治療しても良くなりませんね。

 

そうなんです。実はぎっくり腰の大半はお腹側に原因があるんです。

厳密にいうと、背骨からお腹側を通って骨盤の内側についている腸腰筋という筋肉です。

 

筋肉には伸筋と屈筋があるのはご存知でしょうか。

文字通り、伸筋は伸ばす筋肉、屈筋は縮む筋肉。

筋肉は伸ばし過ぎても痛みますが、実は縮み過ぎても痛みを起こします。

むしろ、この屈筋の方がトラブルの影響が大きいといわれています。

 

ちなみに腸腰筋は人間の体の中で一番大きい屈筋です。

これが固くなったりして、トラブルを起こすと大きな影響を受けることは想像がつきますね。

 

そんな腸腰筋にトリガーポイントができると、腰に痛みを飛ばします。

 

腸腰筋のトリガーポイント

×の部分がトリガーポイントで赤い部分が痛みがでる場所

ねこひげ整体院による腰痛・ぎっくり腰について、腸腰筋の説明

【イラスト図出典:『Myofascial pain and Dysfunction The Trigger Point Manual』 より引用 】

 

もちろん腰や他の筋肉に原因がある場合もありますが、

ほとんどの場合この腸腰筋のトリガーポイントが原因になっていることが多いんですね。

 

ぎっくり腰対策はメディカル・ヨガで!その予防法をお伝えします

という訳で、ぎっくり腰の対策は原因となる腸腰筋を弛めることです!

メディカル・ヨガを使って腸腰筋を弛める方法をお伝えします。

参考 メディカル・ヨガねこひげ整体院

①腸腰筋のストレッチ

  • STEP.1
    四つばいになります

  • STEP.2
    左のひざを曲げます

  • STEP.3
    右の足を伸ばします

  • STEP.4
    胸を張って斜め45度の方を見上げてストレッチ

     

    右側の骨盤を床に近づけるようにして、

    骨盤の前側からお腹の奥の張りを感じましょう。

     

    張りを感じたらそのまま大きく息を吸って、一旦止めます。

     

    ゆっくり息を吐きながら脱力します。

     

    これを3回繰り返したら、伸ばす足を変えて反対側も同様に行います。

②麺棒で腸腰筋を直接押そう

ノーマルパターン

  • STEP.1
    仰向けに寝て両ひざを立てます

  • STEP.2
    麺棒をへその横2.5㎝位の所に置きます

  • STEP.3
    麺棒を両手に持って体の中心、へその奥に向かって押します

     

    8秒から10秒位かけてゆっくり押していきます。

    痛い所やひびく所は力を加減しながら長めに押します。

  • STEP.4
    押す場所を少しづつ下に移動させながら骨盤の内側まで押しましょう

    骨盤の内側まで行ったら、反対側も同様に行います。

足をあげて押すパターン

イスやベッドなど少し高い所に足をあげると、腸腰筋がたるむので更に弛めやすくなります。

  • STEP.1
    イスなどに両足をあげて足首の辺りで組みます

  • STEP.2
    麺棒をへその2.5㎝横辺りに置きます

  • STEP.3
    麺棒を両手に持って体の中心、へその奥に向かって押します

  • STEP.4
    押す場所を少しづつ下に移動させながら骨盤の内側まで押しましょう

    骨盤の内側まで行ったら、反対側も同様に行います。

③応用:筋膜の繋がりを利用して腸腰筋を弛めよう

筋膜ラインという筋膜の繋がりがあって、この繋がりを利用した弛め方をご紹介します。

筋膜ラインはざっくりいうと体の前側、後側、横側、斜めにあって、腸腰筋は前側の「深前線」と呼ばれるライン上にあります。

更にこの深前線をざっくり説明すると、

頭の横 ⇒ あご ⇒ 首の前側 ⇒ 腸腰筋 ⇒ 内もも ⇒ ひざ裏 ⇒ ふくらはぎ ⇒ 足裏

といった感じで繋がっています。

同じライン上を通る筋肉は互いに大きく影響していて、2点を結ぶことで大きく弛ませることができます。

この原理を利用して腸腰筋と同じライン上の筋肉を結んで弛めていきます。

ふくらはぎと腸腰筋を結ぶやり方

  • STEP.1
    仰向けに寝て右ひざを立てます

  • STEP.2
    左足のふくらはぎを右ひざにのせて同時にお腹を麺棒で押します

     

    お腹の押し方は上記の腸腰筋を麺棒で押すやり方と同じです。

  • STEP.3
    ふくらはぎの場所を変えながら右ひざで押していく

     

    ふくらはぎのかかと側からひざの方までゆっくり動かしながら押しましょう。

    一通り押したら、反対側も同様に行います。

内ももの筋肉と腸腰筋を結ぶやり方

  • STEP.1
    横向き(左側を下)に寝て、右ひざを立てます

  • STEP.2
    左足を曲げてかかとで右の内ももを押す

     

    内ももはひざの内側から、股の付け根の方まで左足が届く範囲で押していく。

  • STEP.3
    同時にお腹を麺棒で押していく

     

    お腹を押す場所は上記の腸腰筋を麺棒で押す方法と同じです。

    一通り押したら、反対側も同様に行います。

 

ポイント

①はお手軽なので、毎日寝る前と起きた時にやるといいですね。

②③はじっくりメンテナンスしたい時に①と併用するといいでしょう。

最後に

ぎっくり腰の主な原因となる腸腰筋についての対策をお伝えしてきました。

 

ぎっくり腰は突然強い痛みがきますが、腸腰筋がいきなり強く縮むわけではなく、疲労の蓄積や運動不足、栄養不足など様々な要因が積み重なった結果でもあります。

 

疲れをためず、適度に運動をして、しっかり栄養をとることも大切です。

しっかり予防して快適に生活できるようにしましょう。

 

栄養についてはこちらを参考にしてみて下さい。

痛みやツラさが治りにくいのは~食べたり飲んだりを見直してみましょう~

 

この予防法はぎっくり腰だけでなく、腰痛予防にもなりますのでよく腰が痛くなるという方も是非実践してみて下さい。

 

もしぎっくり腰になってしまったらこちらをご覧ください。

ねこひげ式ぎっくり腰完全対策「ぎっくり腰になってしまったら編」

 

島原半島からぎっくり腰をなくす為に、予防に関して有益な情報があればまたこちらに追記していきますね。